スキンケア

お肌のお手入れ方法

スキンケアはメイクを落とすためのクレンジングから始めます。次に汗やほこりを落とすために洗顔料を使用し、その後保湿等の目的のために化粧水、乳液またはクリームを使用します。それぞれの商品には目的や期待する効果によってさまざまなバリエーションがあるので自分に合うものを探すことが重要です。

詳しく見る

無添加化粧品の定義とは

化粧品

内容物に注意して

スキンケアの方法次第で、肌の状態は大きく変化していきます。スキンケア商品の中で、近年どんどん勢力が大きくなってきているのが無添加化粧品です。無添加化粧品は肌によいというイメージがあり、人気が高まってきているため、多くの人に選ばれています。ですが実は定義が曖昧で、しっかりした基準があるわけではないので、選ぶときには注意が必要です。無添加化粧品とは、一般的には添加物などのよけいな材料が添加されていないスキンケア商品をさします。ですが、なにか一種類だけでも添加されていないのならば無添加化粧品と名乗ることは可能です。なので何が無添加なのかを慎重に見極める必要があります。無添加化粧品は、保存料などが無添加の場合、保存がきかないのでその分費用が高くなっていることが多いです。肌に刺激を与えるアルコールや香料、パラベンなどが入っていないことで肌に優しくなっているものも多いです。ですが前述の通り何が無添加なのかはスキンケア商品ごとに異なるため、よく見極め、本当に肌に優しいのかをチェックしなければなりません。また肌に優しいイメージがあるかもしれませんが、どのような肌にも無条件でよいわけではありません。むしろすでにトラブルが起きているときは逆効果となることもあります。買う前には少量サイズやお試しキットで使い心地や肌への相性を試してみて、それから大きなサイズを買うようにしましょう。口コミも大切ですが、自分の肌との相性が最重要です。