お肌のお手入れ方法

スキンケア

それぞれの特徴と効果

コスメ売り場にずらっと並ぶスキンケア用品、あなたはどのように選んだらよいかご存知でしょうか。それぞれの効果と選び方をスキンケアで使用する順番に沿ってご紹介したいと思います。まずはクレンジングです。メイクや日焼け止め、皮脂などの油分が含まれる汚れを落とすために行います。クリームタイプ、ジェルタイプ、オイルタイプなど様々な形状のものが売られていますが、基本的には後ろにいく程汚れを落とす力が強い反面お肌への刺激も強くなります。お肌のタイプによって選んでもよいですが、メイクの濃さに合わせて使い分けるのもよいかもしれません。洗顔料は、汗やほこりなどの汚れを落とす目的で使用します。泡タイプ、パウダータイプ、ペーストタイプなどがありますが、こちらも基本的には後ろにいく程汚れを落とす力が強い反面お肌への刺激が強くなります。また、化粧水は他のスキンケア用品と異なり、種類によって使用する目的が全く異なります。そのため期待する効果によって種類を選ぶ必要があります。ここでは代表的なものを3つ挙げます。まずは柔軟性化粧水ですが、保湿とお肌を柔らかくする目的で使用します。また、収れん化粧水は毛穴をぎゅっと引き締めるために使用し、ふき取り化粧水はお肌の汚れを落とすことが目的で、ターンオーバーを活性化させることが期待できます。乳液とクリームはどちらも保湿が目的で使用されます。乳液よりクリームの方が保湿効果が高いですが、使用感は重たい(べたっとする)という特徴があります。このほかに、美白やしわを薄くするなど自分が解決したいお肌の悩みに合わせてスペシャルケアとしてスキンケアに美容液をプラスしてもよいでしょう。